So-net無料ブログ作成
検索選択

"Just for fun." [GR Digital II]

R0010534.jpg

仕事柄、ヒトに自分のやりたいと思っていることをプレゼンしたり、
説明したりする機会がよくあるせいか
何かとヒトに「理由」の説明を求められることが多い。

「どうして、▲▲をしたいと思ったのですか?」
「■■に決めたのは、なぜなんですか?」
「何で、●●にしようと思ったのですか?」

一応、「理由のようなもの」を説明するものの、説明しているそばから、
いや、待てよ、そうじゃなかったんじゃないか、とか
うん?なんかちょっとニュアンスが違うな、とか
挙げ句、その日、夜寝る前になってから、
あー、やっぱり、こういう説明の仕方のほうが正確だったんじゃないか、
いや、でも・・・・なんてやってるうちに、そもそも、
ヒトの決断や行動って、そうそう、いつも理由があるものなのだろうか、
なんてところに思い至ったりなんかして・・・・。

少なくとも、ボクの場合は、大した理由がないことも多いようであり、
理由を尋ねられるのは、どうも苦手だ。

これが、打ち合わせ相手が海外の方だったりすると、
国民性の違いか、気質の違いか、ことのほか、
理由を聞かれる場面が増える。(ような気がする)
そうなると、そもそも英語が苦手なボクとしては、もう途方に暮れてしまう。

“Why?” って聞かれて、
“I don’t know.(=分からん。)”と答えるわけにもいかず、
Just because.(=別に理由なんてないさ。)”と答えて、
許容される人間性を持ち合わせているとも、自分では思えない。

そこで、以前に友人から教えてもらった答え方。

“Just for fun.”

関西弁だと(だって、オモロイやん!)というような感じだそうだ。

ヒトに理由を尋ねられて、“別に”とか“何となく”とかで、
やりすごしてしまいたくなる「理由付け」を、
ちょっと頑張って、“Just for fun.”って答えてみる。
強がりなだけかもしれないが、ちょっとポジティブ
なれるような気もする。

どうせ、そもそもなかった「理由」だ。

楽しいことを、行動の理由にしていけない理由なんて、無い。

nice!(29)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

nice! 29

コメント 4

akipon

ぼくも理由を尋ねられるのが苦手なんです。
今度から、Just for funを使わせていただきます。
by akipon (2014-05-17 00:23) 

goma

>akiponさん
特に、不意に聞かれたりすると困りますよね。

by goma (2014-05-17 11:38) 

solty

No Reason だとぶっきらぼうなんですかね。某飲料メーカーのキメセリフ・・
by solty (2014-05-17 19:44) 

goma

>soltyさん
確かに、日本人の感覚的には、No Reasonはぶっきらぼうな気がしますよね。。。

by goma (2014-05-18 22:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。